【書評・新社会人におすすめ】神・時間術を読んで実践すること【著者:樺沢紫苑】

ライフハック

おすすめ度4.0

脳のパフォーマンスを最大まで引き出すための、実践的な方法が多数紹介されている本著。本の帯には「あなたの24時間を科学的に2倍にする」とある通り、医学的メソッドと時短術が著者の経験より紹介されている。
新社会人はもちろん、効率的に動きたい学生、経営者、主婦など、どんな層にもおすすめできる一冊。

著者略歴 樺沢紫苑

1965年、北海道生まれ。最終学歴は札幌医科大学 医学部。 卒業後は札幌医大神経精神医学講座に入局。大学病院、総合病院、単科精神病院など北海道内の8病院に勤務する。

2004年から米国シカゴのイリノイ大学に3年間留学。うつ病、自殺についての研究に従事。 帰国後、東京にて樺沢心理学研究所を設立。メールマガジン、TwitterFacebook、など、累計30万人以上のインターネット媒体を所有。

2009年12月16日よりYouTubeにて「精神科医・樺沢紫苑の樺チャンネル」を開設しYouTuberデビュー。 精神医学、心理学などを解説した動画を日々アップロ-ドし、2018年12月現在8万人以上のチャンネル登録者を誇る人気チャンネルとなっている。

出典:wikipedia

精神医学・心理学など科学から時間術論を展開しているので、話に信憑性があります。

実践すること

集中力が高まる時間に集中力の必要な仕事をする

集中の深さと持続時間を意識する「15分・45分・90分」

脳に雑念があることが、集中力低下の原因。たとえそれがランチの予定などでも書きだしてみよう!!

朝のすっきりを確保するように、目覚める方法。

朝の習慣を変えるには、寝る前の習慣を変えることから始めよう。

自分にあった1日の最適スケジュールを見つける

これからは昼休みに少しの散歩、仮眠を取り入れます!

神時間術を読んだまとめ

社会にでて間もないうちに、時間の使い方を意識できる本著を読むことができてよかったなーと。だらだらと残業をする人が多い文化が根付く会社の人こそ、この本を読んで、効率的に仕事をする環境を自ら作り出すことが大事だなー。と思いました。

実践することをまとめて、定期的に読み直そうと思います。今回は樺沢紫苑さん著の「神・時間術」の読書感想文でした。最後まで読んでいただきありがとうございました。