【カップル必読】プロポーズする前に読んでおこう。共働き夫婦お金の教科書【著:山崎俊輔】

お金
taco
taco

婚約・結婚して、将来のお金のことを話し合うきっかけになる本です!

「共働き夫婦 お金の教科書」の内容紹介

ひと昔前は、夫が稼ぎ、妻は専業主婦で当たり前という時代。時代は変わったのです。

共働き夫婦は年々増加しています。お互いが正社員でフルタイムで働き、育児も一緒にやる。このような価値観が当たり前になってきました。

ただ、国のルールや世間の価値観が、夫婦がフルタイムで共働きという「新しい価値観」に追いついていないのもまた事実です。

この本は共働きの夫婦のためのお金のルールを様々な角度から一冊にまとめた良書です。参考までに目次をご紹介します。

Chapter 1 共働きが最後に笑える2つの理由
Chapter 2 共働きの結婚術
Chapter 3 共働きの妊活・出産術
Chapter 4 共働きの家計術
Chapter 5 共働きの貯蓄術
Chapter 6 共働きの転職・キャリア術
Chapter 7 共働きの家事育児術
Chapter 8 共働きの住宅購入術
Chapter 9 DINKSのマネープラン
Chapter 10 共働きの学費準備術
Chapter 11 共働きの投資術
Chapter 12 共働きの年金受取・リタイア術

上記の目次にもある通り、本書を読むことで、夫婦のお金のもやもやした悩みをスッキリと解消させ、将来に備えることができます。

こんな人に読んでほしい!!
・結婚、プロポーズを考えている男性諸君!
・若い共働きの夫婦、これから結婚を控えるカップル
・会社を辞めて、専業主婦になりたいな~と思っている女性の皆様!

「共働き夫婦 お金の教科書」は男女カップルで一緒に読め!

感想を紹介する前に、おすすめの読み方を紹介します。

それは「カップルで一緒に読んで、都度議論するコト」です。

この本は読んだ感想が、男女・カップルの価値観でかなり異なることが予想されます。本を読んでいる最中に、「私はこう思う」「俺はこう思うなあ」と自分の頭の中が整理されることが多いはず。

その際は恐れずに意見を交わし、議論しましょう。この本を2人で一冊読み終わるころには、お互いの価値観を理解し、相手のことをより想像できるようになるでしょう。

タイトルに「夫婦のお金の教科書」とあるくらいなので、本著を読むことを通じて、お互いの価値観を見つめなおすことで、より円満な家庭を気づけるはずです。

 

ただ本著をきっかけに、夫婦で喧嘩をしても、責任は取れません(笑)

「共働き夫婦 お金の教科書」を読んで印象に残ったコト

共働きの新婚生活は最大の貯め時にする

「結婚~第一子誕生」までの貯め時を逃さないことが重要と学びました。例えば26歳で結婚して29歳で子どもを産むとして、夫婦2人で過ごす期間って3年間しかないんですよね。もちろんこれは一例でもっと長い場合もあるし、短い場合もあると思います。

夫婦2人の期間は、旅行に行ったり、美味しいものを食べにいったり、高価なプレゼントを渡したり、、、その気持ちわかります。

ただこの期間で「結婚式資金」「引っ越し資金」「妊活資金」など目的に合わせてお金を貯める意識を持つことが大事です。

これなから結婚を控えている人は、夫婦の将来起こるライフイベントにお互いどのような価値観を持っているのかを話合うことをおすすめします!

年収の20%を貯蓄形成にまわす

これは実践したい!年収の20%を貯金に回して、いざという時の資金を確保します。

そして年収の20%の貯金が貯まったら、余剰資金の投資が安心してできるようになります。

いま自分は月3万円、給料天引きで財形貯蓄しています。ボーナス時は10万円。これで約55万円。給料に入ってくるお金は使ってしまいますが、その前にストップできる天引きは非常におすすめです。

夫婦で貯める意識を合わせるのが大事ですね。

「共働き夫婦 お金の教科書」のまとめ

いかがでしたでしょうか。本著は結婚を控えるカップル、お金のことを話し合いたい夫婦におすすめなので、ぜひ読んでみてくださいね。