【新婚旅行におすすめ】カプリ島の観光地とホテル・レストランを紹介【青の洞窟も!】

旅行記

2019年の夏休みに7泊9日で南イタリア旅行にいってきました。ざっくり旅程はこちら。

1日目:羽田→パリ(シャルルドゴール空港)
2日目:パリ(シャルルドゴール空港)→ナポリ→ラヴェッロ
3日目:ラヴェッロ
4日目:ラヴェッロ→アマルフィ
5日目:アマルフィ
6日目:アマルフィ→カプリ島
7日目:カプリ島
8日目:カプリ島→ナポリ
9日目:ナポリ→パリ(シャルルドゴール空港)→羽田
この記事では南イタリアのカプリ島について観光地とおすすめレストランをご紹介します!カプリ島には2泊3日のんびり滞在して、非常にお気に入りの島になりました!参考になればうれしいです(‘ω’)ノ
この記事の写真は全てGoogle Pixel3 で撮影しています。加工もせずこの画質で撮れるので、スマートフォンの買い替えを検討していてカメラ機能にこだわりたい人には本気でおすすめです!

南イタリアの「カプリ島」ってどんなところ?

「カプリ島」は南イタリアに浮かぶ10km2程度の小さな島で、イタリアを代表する観光地として知られています。水が青く見える「青の洞窟」が有名でその美しさに世界中のファンがいます。歴史的にはローマ皇帝ティベリウスが統治期間の後半を過ごしたことでも知られていて、「アウグストの庭園」など当時の権力を象徴する観光地もあります。

「カプリ島」にはマリーナ・グランデという港にナポリやソレント、アマルフィなどから観光船で訪れることができます。島の周囲の大部分は断崖絶壁となっているので、海岸近くに存在する奇岩に陸から近づくのは難しいものの、島を周遊する観光船が運行されています。

地区的には「カプリ」エリアと「アナカプリ」エリアに分かれています。マリーナ・グランデと高台にある島の中心地「カプリ」エリアは、プラダ、グッチやブルガリなどの高級店が軒を連ねる高級エリアです。「アナカプリ」エリアはカプリよりも落ち着いて、カプリ島に住むイタリア人の居住地も多数存在するエリアです。

海・山・洞窟と雄大な自然に溢れる島。別荘地としても知られ、多くの著名人が別荘を構える魅力溢れる島。それが「カプリ島」なのです。

南イタリアの「カプリ島」への行き方

ナポリから船で「カプリ島」

カプリ島への船は、ナポリ旧市街から徒歩でもアクセス可能なモロ・ベヴェレッロ港(Molo Beverello)から発着します。ナポリ中央駅から行く場合は、タクシーで約10分(料金目安10~15ユーロ)です。ナポリ空港は市内からかなり近いので、タクシーでも行けます。(料金目安17ユーロ~22ユーロ)

モロ・ベヴェレッロ港(Molo Beverello)までいくと、出発時間が書かれた掲示板があるので時間を確認して、カプリ島のマリーナグランデ港まで行くチケットを購入しましょう。所要時間は高速船であれば45分ほどです。

カプリ島に宿泊せずに、「青の洞窟」に入るためには午前中に現地に到着しておくのがマストです。午前中が入れる確率も高く、客が少ないので空いています。

■船の時刻表の参考

Capri Tourism
Capri Tourism

アマルフィから船で「カプリ島」

アマルフィからもカプリ島行きのフェリーがでています。ドゥオーモから海側に行くと、フェリー乗り場があるので、その周辺でチケットを購入できます。船の時間はたくさんあるので、そこまで心配する必要はないです。ただゆっくり行くと座れないので、フェリー乗り場には余裕をもって到着することをおすすめします。船でカプリ島までは約1時間。右手側にカラフルな街「ポジターノ」の全景が見えて写真撮るチャンスがあるので、テラスに座るのをおすすめします!

「カプリ島」での移動方法

︎︎︎︎︎︎今回、カプリ島についてアナカプリのホテルまではオープンカーのタクシーで移動しました。4人とスーツケースを運んでもらって30ユーロです。交渉すればもう少し安くなるかもしれません。

タクシーの他にはバスが頻繁にでています。どこまで行っても片道1.5ユーロで固定なので、わかりやすくていいですね。

南イタリアの「カプリ島」でおすすめなホテル

アナカプリエリアのゲストハウス「Villa_Pollio」 ★★★★★

今回のホテルはTripAdvisorで探しました!ゲストハウスの人は非常に非常に親切で感動しました。ゲストハウスにつくと、カプリ島の地図を広げながら、おすすめの観光地やレストランを説明してくれます。

アナカプリを拠点とすると、陸路で青の洞窟、夕焼けの見えるfaroに行きやすいのでおすすめ。カプリエリアより静かだし落ち着いている雰囲気でのんびりすごすには最適です。

朝食はオープンテラスでいただくことができます。階段の下には昼間だけ保育園が開園していて、子どもたちに癒されます。ホスピタリティにあふれ、周りのアクセスもよいおすすめの宿です!

VILLA POLLIO B&B (Anacapri, Isola di Capri): Prezzi 2019 e recensioni
Prenota Villa Pollio, Anacapri su TripAdvisor: vedi 34 recensioni, 52 foto amatoriali e offerte speciali per Villa Pollio, n.22 su 45 B&B / pensioni a Anacapri ...

南イタリアの「カプリ島」でおすすめな観光スポット

なんといっても「青の洞窟」!

どの観光ガイドブックにも書いてある、まず行くべきは「青の洞窟」でしょう。青の洞窟については下記の記事で詳しくまとめたので、参考にしてみてください!

【絶景】カプリ島・青の洞窟は陸路がおすすめ!【行き方・入れる確率・時期も解説】
この記事ではカプリ島の「青の洞窟」についてご紹介します!青の洞窟はナポリ湾に浮かぶカプリ島にある景勝地で、ローマやナポリからも日帰りツアーが催行される、イタリア屈指の人気観光地です。実際に行ってきた体験談を写真とともに紹介するので、参考にしてください。

カプリ島の西の端「Faro」から夕陽を眺める

カプリ島のfaroエリアにはさえぎるものがなく、非常にきれいな夕陽を見ることができます。faro行きのバスで灯台へ。周辺の海はクラブミュージックが流れていて、マリーナピッコラなどの混みあった海とは雰囲気が全く違います。

日の入り時間は事前に調べていきましょう。8月で7時くらいでした。

モンテソラーロ

個人的には「青の洞窟」よりもよかった!と自信をもっておすすめしたいのがモンテソラーロです。アナカプリエリアの乗り場から、一人乗りのリフトでカプリ島の「モンテソラール山」に登ります。登りのリフトは一人乗りですが、結構速い&長い&怖い&高いので高所恐怖症の人は注意してくださいね。

標高は約590メートルで、頂上からは360度のパノラマビューが楽しめます。海も空も真っ青、時間を忘れてうっとり眺めてしまう絶景です。

頂上には、くつろげる椅子やカフェバーなんかもあります。

リフトの値段は片道9ユーロで、往復だと13ユーロです。実は帰りは山道を歩いて降りることもできて、途中の景色も素晴らしいので時間に余裕がある人にはかなりおすすめです。途中にヤギがいたりと、自然との触れ合いも楽しいですよ。ただサンダルだとつらいので注意!

2019年 モンテ ソラーロへ行く前に!見どころをチェック - トリップアドバイザー
モンテ ソラーロ(アナカプリ)に行くならトリップアドバイザーで口コミ(2,507件)、写真(2,552枚)、地図をチェック!モンテ ソラーロはアナカプリで1位(16件中)の観光名所です。

南イタリアの「カプリ島」でおすすめなレストラン

Giorgio al Cucciolo

最初に紹介するのはGiorgio al Cuccioloさん。なんとTripAdvisorでのカプリ島のレストランの総合5位。現地の人いわく、one of the best restaurantsとのこと。このレストランの素晴らしさはなんといってもその景色。

事前に連絡するとバス停まで迎えに来てくれる。青の洞窟の裏辺りに位置するこのお店。夕陽が沈む様子が見られるので7時くらいに行くのがおすすめ。夜景も綺麗。ソレントとナポリ、ベスビオ山を見ることが出来ます。
最初に揚げピザ(トマトチーズ)を出してくれる。お皿が全体的にモチーフありでかわいい。
ウエイターさんは日本人に慣れているのか、「いか、えび、たこ!」など知っている単語を言ってくる。
小さいイカのフリットがおいしかった。イタリア名産のブッラータチーズ(中にクリームチーズ的なトロトロしたやつが出てくる)とチェリートマトのサラダ、シーフードサラダ、パスタはイカスミパスタとえすからはじまる緑のパスタ。マグロのソテー、シーフードリゾット。やはり魚介系がおいしいです。  
︎︎︎︎︎︎帰りも送ってくれるホスピタリティ溢れるお店です。評価が高いのも納得。車が来るまではレモンチェッロをサービスしてくれます。
Giorgio Al Cucciolo (アナカプリ) の口コミ674件 - トリップアドバイザー
Giorgio Al Cucciolo(アナカプリ)に行くならトリップアドバイザーで口コミ、地図や写真を事前にチェック!Giorgio Al Cuccioloはアナカプリで5位(54件中)、4.5点の評価を受けています。

aumm aumm

TripAdvisorでカプリ島のレストランの総合9位。カジュアルにおいしいピザが食べられるレストランです。

値段は安いですが、味は本格的。ピザ窯があり、お兄さんが真剣に焼いています。

カプレーゼ、アーティチョーク入のサラダ、サラミのピザ、ジェノベーゼのピザ、クアトロフォルマッジ。デザートのティラミスまで絶品でした。

南イタリアの「カプリ島」にいってみよう!

カプリ島の印象は伝わったでしょうか?南イタリアは気候もよく、ご飯も美味しく、人も陽気で行くと元気がもらえます!新婚旅行にいっても一生の思い出になること間違いなしですね。

もっと詳しくレストランやホテルを調べたい場合はTripAdvisorを使ってみてください!海外のユーザーが多いので、各レストランなどのレビューがしっかりしていて参考になります。

海外に行く際も口コミは気になるので僕は必ず参考にしてます。覗いて見てください。

TripAdvisorでカプリ島を検索

▼アマルフィ海岸のラヴェッロもおすすめ

▼アマルフィ市内のおすすめも紹介

【世界で最も美しい海岸線】アマルフィの観光地とホテル・レストランを紹介
2019年の夏休みに7泊9日で南イタリア旅行にいってきました。ざっくり旅程はこちら。 1日目:羽田→パリ(シャルルドゴール空港) 2日目:パリ(シャルルドゴール空港)→ナポリ→ラヴェッロ 3日目:ラヴェッロ 4日目:ラヴェッロ→アマ...