【芸術と音楽の街】アマルフィ海岸の別荘地・ラヴェッロの観光地とホテル・レストランを紹介

グルメ

2019年の夏休みに7泊9日で南イタリア旅行にいってきました。ざっくり旅程はこちら。

1日目:羽田→パリ(シャルルドゴール空港)
2日目:パリ(シャルルドゴール空港)→ナポリ→ラヴェッロ
3日目:ラヴェッロ
4日目:ラヴェッロ→アマルフィ
5日目:アマルフィ
6日目:アマルフィ→カプリ島
7日目:カプリ島
8日目:カプリ島→ナポリ
9日目:カプリ島→パリ(シャルルドゴール空港)→羽田
この記事では南イタリアのラヴェッロについて観光地とおすすめレストランをご紹介します!ラヴェッロで検索しても情報が古かったり、英語の情報しかなかったりしたので、参考になればうれしいです(‘ω’)ノ
この記事の写真は全てGoogle Pixel3 で撮影しています。加工もせずこの画質で撮れるので、スマートフォンの買い替えを検討していてカメラ機能にこだわりたい人には本気でおすすめです!

アマルフィ海岸「ラヴェッロ」ってどんなところ?

「ラヴェッロ」はアマルフィ海岸の高台に位置するリゾート地です。海抜約350メートルからサレルノ湾を見下ろす絶景が広がり、昼間は水平線を、夜は星空の下のアマルフィ海岸を見ることができます。

革のサンダルや陶磁器、レモンチェッロなどが有名で色んなお店があります。

夏にはワーグナーをたたえる野外音楽祭が開かれ、夕陽や夜景を楽しみながら音楽を鑑賞することができる各界の著名人にも人気のスポットです。

 

アマルフィ海岸「ラヴェッロ」への行き方

車の個人手配 connecto transfersで行く場合

今回はナポリで車をチャーターしてナポリ空港から直接「ラヴェッロ」に向かいました。車で約1時間の行程。途中にはベスビオ火山を見ることもできます。

イタリア旅行の際は、タクシーとバスの移動手段のほかに、個人専用車の手配も覚えておくと便利です。少し高くつきますが、重いスーツケースを運ぶ必要があったり、大人数の場合はお得になる場合が多いです。

今回は4人の利用+スーツケースで144ユーロでした。

バスで行く場合

ラヴェッロへのバスでの行き方を紹介します。アマルフィからラヴェッロ行きのバスに乗車します。

  • バス停:アマルフィのバスターミナル。海側を背にして右側の屋根付きバス停
  • 行き先:RavelloまたはScale
  • 下車停留所:Ravello
  • 料金:1.1ユーロ(片道)*チケットはバスターミナルの道路を挟んで向かい側の青い屋根の店で購入できます。往復分(ReturnTicketといいます)買っておくと便利です。
  • 所要時間:30分
  • 時刻表:6~24時まで30分おき

イタリアのバスは適当なので、平気で10分早くきたり、30分来なかったりします。余裕をもって行動しましょう。また、道の揺れは想像を絶するものです。(立っていると吹っ飛びます)心配な人は日本から酔い止めをもっていくとよいでしょう。

アマルフィ海岸「ラヴェッロ」でおすすめなホテル

アマルフィ海岸が一望できる「Casa Vacanza」

今回のホテルはTripAdvisorで探しました!立地はラヴェッロ市内から歩いて10分ほど。抜け道の階段が一本道なので、迷うことはないはず。

窓からの景色はいうことなし。

家の隣は寝そべれるベッドが二台。南イタリアの温暖な気候と眼下の海を独り占めできます。

ベッドもシャワーも清潔。アメニティも充実。中のインテリアも素敵。

お庭で朝食やシャンパンなんて贅沢はいかがでしょうか?

宿に戻るときの夜景も月明かりが海に反射して素敵な雰囲気。

そして何より、オーナーさんのホスピタリティが素晴らしい。レモンやネクタリン、チョコケーキにシャンパンまで用意してお出迎えしてくれました。

最後にまた来るねと握手してチェックアウト。一生のうちに必ずまた泊まりたい宿です。

アマルフィ海岸「ラヴェッロ」でおすすめな観光スポット

Villa Cimbrone(ヴィッラ・チンブローネ)

天国に一番近いパノラマと言われているのがヴィッラ・チンブローネの景色。人生で見た景色でTOP5には入る雄大な景色でした。ヴィッラ・チンブローネの奥にある無限のテラス「Terrazza dell`infinito」から見下ろすことができます。

中の庭園でいただくことができるジェラートも絶品でした。さすがジェラート大国。

ラヴェッロの中心地のドゥオーモ広場から約10分です。狭い階段を抜けていきますが、途中で出店などもあるので楽しんでいくことができますよ。

名称:ヴィッラ・チンブローネ Villa Cimbrone

住所 :Via Santa Chiara, 26, 84010 Ravello SA

電話 :089 857459
入場料:7ユーロ

備考:中にトイレもあります。

Villa Rufolo(ヴィッラ・ルフォロ)

ヴィッラ・ルフォロは12世紀に世界的に有名な貿易商人ルフォロ一族により、建築された邸宅です。緑にあふれる庭園が人気で、誰もが憧れる海のパノラマと自然の景色でまったりするのにぴったりのロケーションです。

ここで有名なのがラヴェッロ・フェスティバルと呼ばれる野外音楽祭。毎年7月〜9月中旬まで特設ステージが用意され、ほぼ毎日コンサートや映画上映が行われています。

名称:ヴィッラ・ルフォロ Villa Rufolo

住所 :Piazza Duomo, 84010 Ravello SA, イタリア

電話 :+39 089 857621
入場料:7ユーロ

備考:中にトイレもあります。

アマルフィ海岸「ラヴェッロ」でおすすめなレストラン

Niho’s pizza

TripAdvisorでラヴェッロ地区一位のピザ屋さん。︎︎︎︎︎︎Niho’s pizza は観光客というより地元の人に愛される系のお店でした。何より価格が安い。ピザの平均価格5€くらい。そしてサイズも十分。

ナポリピザは生地が薄くて、ピザの耳が太いのが特徴らしい。耳を綺麗に作れるかがステータスなんだとか。胃もたれしなくてよいです。

Tunno(ツナ)とPalma(生ハム)を注文、持ち帰りにはRomana(モッツァレラandオリーブandアンチョビ)シチリアーナはロマーナのモッツァレラがないバージョンらしい。アンチョビが抜群に美味しかった。

持ち帰りも出来ますよ。ホテルで食べるのもいいかもしれません。

ホテルヴィラマリア

お野菜が美味しいヴィラマリアさん。眺めが素晴らしい。伊豆がこうならないのはなぜなのか。

乾杯のシャンパンのスターフルーツも可愛くて素敵。赤ワインは地元アマルフィ産のものを。

前菜は野菜の盛り合わせとカボチャのソース付きのズッキーニのフライ。パスタはラビオリ(リコッタチーズ入り!)とパチェッリパスタを注文。魚はスモークフィッシュ。蒸し器で出てきて面白い。海老の香り。肉はラム。柔らかくて絶品。デザートのティラミスまでいただき完食。食後酒としてレモンチェッロ。サービスも雰囲気も素敵なレストランでした。

▼有名なホテルヴィラマリアの庭で栽培された季節の野菜の盛り合わせ

お皿もかわいいんですよね。

アマルフィ海岸「ラヴェッロ」にいってみよう!

アマルフィ海岸のラヴェッロの印象は伝わったでしょうか?南イタリアは気候もよく、ご飯も美味しく、人も陽気で行くと元気がもらえます!新婚旅行にいっても一生の思い出になること間違いなしですね。

もっと詳しくレストランやホテルを調べたい場合はTripAdvisorを使ってみてください!海外のユーザーが多いので、各レストランなどのレビューがしっかりしていて参考になります。

海外に行く際も口コミは気になるので僕は必ず参考にしてます。覗いて見てください。